コーヒー派から紅茶派へ

コーヒー派から紅茶派へ

昔はコーヒーが大好きだったんですけどね、最近はどうも苦手になってきた感じがして、飲む頻度が少なくなりました。

以前は毎朝、熱いコーヒーを飲むのが日課でした。そうしないと目が覚めず、一日が健やかにはじまらなかったのです。それが癖になり、10年くらい続けていたのですが、どうして飲みたい気持ちが薄れてきてしまったのか。

何というか下触りがあまり心地良く感じなくなってしまったのが原因かなと思います。これには、煙草を辞めたのも何か関係しているのかなと思います。思い返してみると、喫煙を始めて少し経ったころからコーヒーに対して違和感を感じるようになりましたから。

コーヒーと煙草というのは縁深いものですからね。煙草を辞めたことでコーヒーも必然と好みの対象から外れてしまったのかもしれません。

今はコーヒーの代わりに、紅茶をよく飲むようになりました。清涼飲料水のような紅茶ではなく、ちゃんとした葉の香りが強い紅茶です。紅茶に加え、甘い洋菓子を一緒に食べるのが今は大好きです。

甘いものも食べたくなったんですよね。煙草をやめると甘いものが食べたくなるというやつだと思います。煙草じゃなくてお酒だったかな?

喫茶店に行っても、紅茶とケーキです。同僚や友人と一緒に喫茶店に行くと、「喫茶店で紅茶? OLや主婦じゃないんだから」なんて言われます。確かに以前の私も同じことを思っていましたが、紅茶も悪くないもんです。

今私が嵌っている紅茶は、レモンベースのハーブティーです。レモンの酸味とハーブのクセのある清涼感が最高にマッチして美味しいです。お店にそれが置いてあれば間違いなく注文します。

後、インド式のミルクティー、チャイも好きです。これは私のまわりのお店では見かけませんが、インドカレー屋さんに行くと、よくあります。味は普通のまろやかなミルクティーとあまり変わらないものもあれば、香辛料(しょうがなど)が効いたクセのあるものもあります。私はどちらかというと後者のほうが好きです。

ハーブや香辛料といったの味の感じは紅茶で知った新感覚の味でした。コーヒーを好んで飲んでいた頃は、ブラックアメリカーノかエスプレッソばかりでしたから、苦いっていう感覚しかありませんでしたからね。

今ではすっかり紅茶派の私ですが、たまに職場や飲食店でコーヒーも飲みます。でもやっぱり、紅茶の方が美味しく感じるかな?

わき脱毛

パスタ屋「ピアンタ」のチリパルメナーラ

友人と「ピアンタ」パスタ屋さんに行ってきました。前々から気になっていたお店なんですが、なかなか機会が無くて行けなかったお店です。

このお店、構えているのが大通りから離れた場所でして、渋滞から逃れるべく脇道にそれたときに偶然発見したんですよね。はじめは「またお洒落な美容室かな?」と思ったのですが、何度か通ってよく見たら「パスタ屋さんだ!」と分かりました(笑)

最近の美容室って飲食店みたいな外観が多くてよく勘違いしてしまうんですよね。車で走っていて、先に見えるレンガ造りの素敵なお店を見ると「ケーキ屋さんかな?」なんて期待を持ってスピードを落として店の前を通ると美容室なんです。がっかり。

で、この間行ったパスタ屋さん「ピアンタ」ですが、チェーン店の割に結構本格的なお店で店内雰囲気も良く、味も良かったです。

私が注文したのは、生パスタを使用したチリパルメナーラ。このパスタ、チーズの味が濃厚で凄く美味しかったのはもちろん、料理提供の仕方も面白かったです。

丸い大きなパルメザンチーズの塊を席まで持ってきて、チーズを目の前で削り、茹でたてのパスタを、チーズの塊の中に入れて和えるんです。このサービスには興奮してしまいました。チーズが大好きなもので(笑)

チーズの塊の中で合えたパスタは、別のチリチーズソースの入った熱々の鍋に入れ、パセリを降ったら完成。チーズの塩気とチリの辛味というシンプルな味わいでした。

ただ、私の舌的には、ち塩気が強すぎたかな? という感想でした。パスタの量がもう少し多ければ良かったきもします。パスタをおかずにご飯が食べられそうなくらい味が濃かったですから。ワインと一緒に食べれば、いい感じの氏塩気なのかもしれませんね。

あと、チーズを大量使用しているので当然、高カロリーです。まぁ、それを気にしたら美味しいものは何にも食べられませんよね。

チリパルメナーラの値段は1230円。量は控えめでしたが、本格的な生パスタと贅沢なくらいパルメザンチーズを使用しているのを考えると安い方だと思います。また行きたいと思えるお店でした。

ちなみに、パルメザンチーズの大きな塊は普通に購入すると約6万円だとか。意外と買えなくもない値段だったので、ちょっと欲しくなってしまいました(笑)